外壁塗装でやってはならないこととは?

「外壁塗装はなにかとお金がかかるもの、そのためできるだけ低予算で済ませたい、その気持ちはわかりますが、予算を優先した結果後悔することもあります。そんな後悔がないように外壁塗装のときにやってはいけないこと、それについてご紹介いたします。」

・お金がかかるのがリフォーム

住宅に関することにはどうしてもお金がかかるもの、そして外壁塗装も例外ではなく、いくら安くても60万円程度は予算として考えておかなければならないものです。
そんな外壁塗装、できるだけ安くおさえたくてさまざまな節約を考えた場合、後悔する例もでてきます。
確かにお金は大事ですが、間違えたことをしてしまうと後悔してしまうこともあるもの、そんな外壁塗装で「やってはいけないこと」についてご紹介いたします。

これらを見ると外壁塗装には適切な予算をかけなければならないと痛感するもの、しっかりとした施工を行ってもらい、外壁塗装として成り立つような施工を行ってもらう必要があります。
そのためにも事前に費用は積み立てておくこと、これが大切です。
勿論ローンを組むという選択もありますので、適切な金額での施工をお願いしなければならないです。

そもそも外壁塗装がは必要なのか?という考えもありますが、結論からいいますと必須といってもいいほどです。
というのもこの外壁や屋根は自然環境からのダメージを非常に負っている部分、そのためどうしても劣化してしまう部分となっています。
そしてこの劣化を放置しておくと雨漏りやヒビ割れのトラブルに、美観を損なうだけではなく、こうしたトラブルのせいで内部まで腐食してしまう場合もあります。

そうなると家自体の寿命が縮むことに、それを未然に防げる対策としてできるのが外壁塗装です。
そしてこの外壁塗装の寿命は塗料にもよりますが、寿命が短いアクリル塗料の場合は早いと三年、長いとされているフッ素に関しても早いと10年程度で劣化が見られるようになっています。
劣化の具合を素人目線で判断するのは難しいですが、それくらいの年数が経っている、あるいは美観が段々損なわれてきたように感じる場合は、外壁塗装のことを視野にいれて施工を考える必要があります。

また安かろう悪かろうではけしてない、そんな画期的な塗料も開発されており、いま現在使われている塗料はアクリルよりも随分寿命の長い、シリコン塗料が普及しています。
それはコスパもよく、いま多くの家に使われている塗料、あらゆる基準をクリアし、汎用的に使用できる塗料として扱われています。
施工する際には高額の料金がかかりますが、それでむこう10年程度もつ塗料もあるほど、その間しっかり外壁が守られますので、長い目で見るとそこまで高い買い物ではないことがわかります。

内部が腐食して損傷してしまった場合はもっとかかってしまうもの、そうなる前にしっかり施工してもらうようにし、家をいつまでも丈夫に美しく保っておきたいところです。
外壁塗装は家を守るにあたりけして手を抜いてはいけない部分、絶対欠かすことはできないものとなっています。
大体「10年に一度、外壁塗装をする」つもりで積み立てをしておき、それに備えて毎月の積み立てをしておくのをおすすめいたします。

・外壁塗装を考えないこと自体がおすすめできない。

予算がないから、ということで外壁塗装をどんどん後回しにしてしまう、そんな方も多いものです。
しかし外壁塗装を後回しにしていくことで、どんどん家が劣化してしまう、そのため外壁塗装においてもっともやってはいけないことが「外壁塗装を後回しにする」ということです。
それぞれの塗料には寿命があり、耐用年数によって寿命が違います。

環境によってもっと短くなったり、もっと長くなったりもしますが、アクリル塗料で耐用年数は大体5~8年、ウレタンで7~10年、シリコンで10~15年、ラジカルで13~16年、フッ素で15~20年の寿命となっています。
この耐用年数を超えてしまうと塗料の寿命になり、外壁塗装を考えなければならない、そんな時期になるのです。
これを予算がたたないからしないでおこう、というのが一番やってはならないこと、また外壁よりも更に劣化しやすい屋根の事も考えて、しっかり施工を考えなければならないです。

全く外壁塗装をする気がない場合でも、五年に一度、あるいは十年に一度定期的なメンテナンスを行うのがおすすめ、こうしたこまめなメンテナンスや、適正時期の塗装は結果的に家の寿命を伸ばすことにも繋がりますので、長い目で見ると予算が安くあがるものとされています。

・値切るのは絶対にNG?

こうした外壁塗装をする場合、必ず見積りを出してもらうのが普通ですが、その時に高いからといって値切るのはおすすめできないです。
確かに外壁塗装というのは定価が無く、悪徳業者にそれ故にあたりやすいといえます。
そのための見積りでもあり、ここでその業者の仕事ぶりを確認できることがあります。

そしてこの見積り、適正な施工をされている場合にも関わらず、値切ってしまった場合結果敵に手抜工事に繋がり、十分な施工をできない場合があります。
たとえば二回しなくてはならない塗り工程を一回にしたり、高圧洗浄を怠ったり、工期を減らしたり、人員を減らしたり……値切る場合はこうしたことをして業者側は調整をしなくてはならないです。

できれば業者としては手抜はしたくなく、満足のいく施工をしたいと考えていますが、もし値切ってしまうと「お客様が臨むならば仕方がない」とこうした経費を削減してその値切り金額にもっていく場合もありいます。
そうすると十分に安全に配慮するのも難しく、また施工の状態も良くないので、十分な外壁塗装の工程を行えず、結果的に手抜工事になり、そのツケは依頼側にかえってくることになります。

もちろん無理に高額にしてくる業者には用心が必要ですが、複数の業者に見積りをだしてもらって信頼できる業者を探し、そこで値切るというのはおすすめできないことです。
信頼できる施工をしてもらうためには適切な予算をたてて依頼をしなければならないもの、それを無理に値切ってしまうと後悔することになります。

・焦った契約や格安施工の罠に用心!

手抜工事はその分見積りが安くなるもの、これを罠にして契約をとる悪徳業者もいます。
こうした業者による施工は相場より随分安く見積りを提示してくるもの、またそのときに同時に早めの契約をさせる場合もあります。
外壁塗装業者を選ぶ時はゆっくり時間をかけて選ぶもの、そのときにわざと不安をあおって、焦らせて契約をとる業者もいるので注意が必要です。

また見積り金額が異常に安い場合も用心するべきところ、外壁塗装は定価はないものの、安全を十分に確保し、向こう何年もの年月を耐える外壁を作るためにはそれなりのコストが必要です。
できるだけ安く提供しようとしている業者の場合でも、最低50万からの金額になることが殆ど、それ以下で提示してくる場合は十分な施工をしてもらえないかもしれない、と疑うのがおすすめです。

塗料を薄めたり、塗り工程で手を抜いたり手口は様々、こうした業者にひっかからないようにするためにも外壁塗装を依頼する場合はゆっくり余裕をもって、そして複数の業者に見積りを出してもらうのをおすすめいたします。
外壁塗装の依頼は十分な確認が重要、予算上メンテナンスを怠ったり、焦った契約をするのではなくしっかり計画的に行うのがおすすめです。