明石焼き.com TOP → 明石焼きのタコについて タコ漁の季節

タコ漁の季節

明石のタコ漁の季節は夏が旬です。この季節、明石では夏の風物詩としてほしだこ、たこつぼ漁業などがみられます。たこつぼ漁業は現在では一般的に行われなくなったものですが、旬である夏の季節においては、観光客向けに行ってくれるのです。タコはお刺身として、そしてゆでダコにしてもとてもおいしく、取れ立ては特に格別です。取れたてをそのままお刺身で味わうのも、特別な贅沢となるでしょう。

タコは夏に食欲旺盛になり、自然の餌を多く食べるようになるため、それに釣られて捕獲しやすくなり、また栄養がぎっしりと詰まるようになります。このため、夏のタコは非常に美味しく、旬であると言われているのです。明石のタコを味わいたいというのであれば、是非とも夏に明石を訪れましょう。きっと誰にでも満足のいく、美味しいタコを味わうことが出来るはずです。

もちろん夏場だけでなくとも、タコ漁は一定の周期で行われています。乱獲しては絶滅の恐れなども出てくるため、ある程度は漁獲量の限界が定められているでしょう。とはいえ夏の旬などでは、タコが海底に所狭しと大量に見受けられる場合もあり、その光景は壮観ともいえます。明石海峡において育まれた明石のタコを、是非とも一度はご賞味ください。

明石のタコを求めて、旬である夏場には明石海峡へと押し寄せる観光客の姿も見受けられます。明石のタコはそれだけの魅力を秘めており、またその美味しさが、多くの人々の心を掴んで離しません。

明石焼きのタコについて


抗血小板薬 一覧
抗血小板薬の一覧なら医療関係者向けの製品情報サイトで!