明石焼き.com TOP → 明石焼きのタコについて タコの生態

タコの生態

タコが生きるためには水温が低いと良くなく、適温は15〜23度ということで、岩のくぼみなどに隠れる習性があります。なわばり意識が顕著にあるので、後からきた新参者を手当たり次第に排除します。これはタコ同士でも変わりません。主に肉食で甲殻類(エビ、カニ)、魚、貝などを手当たり次第捕食します。マダコはきれい好きなので自分の巣穴を清掃し、しかし食べかすは外に散乱しています。この食べかすが目印となり、人間に捕獲されることも多いです。

タコが肉食であるというのは先述した通りで、この特性を生かして、タコ釣りなどではエビをエサとして捕獲するなどします。とはいっても、警戒心が非常に強く、初心者の方では簡単にいかないでしょう。タコ同士でさえ共存が難しいくらいですから、その警戒心は大きなものです。

また、タコは非常に知能が高く、無脊椎動物の中では最高位とも言われています。その知能の高さは、もしタコの縄張り意識が強すぎずタコ同士で意思疎通しながら協力し合って生きることが出来た場合、人間と同程度の文明を築き上げる可能性がある、といった説まであるほどです。知能の高い生物にはアミノ酸が豊富であると言われ、これほどの知能を持っている可能性があるタコというのは、アミノ酸も豊富なのです。

縄張り意識と警戒心の強いタコですが、それだけにタコ同士で協力し合うということも少ないようです。基本的には、単体で行動しているのが普通でしょう。

明石焼きのタコについて


看護師 白衣
看護師の白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

セリエa 動画
セリエaの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン