明石焼き.com TOP → 明石焼きのタコについて タコの産卵

タコの産卵

タコは春先から夏の暑い時期までに産卵をし、多数の房状にして、岩棚の下などに卵を産みつけます。母ダコは、卵が生まれてくるまで何も食べずに新鮮な水を卵に送り続け、外敵から卵を守り、子ダコが生まれるのを見届けると、母ダコは餓死するといわれています。稀に生き残る母ダコもいますが、大抵は長く生きられません。ほとんどはそのまま寿命を終え、他の魚などの餌となります。

産まれたばかりの子ダコというのは透明な身体をしており、その小ささから肉眼では見つけにくくなっています。しかし小さいとはいえ、立派な吸盤も持っており、きちんとタコとして形となっています。しかしやはり子ダコはまだ小さく弱いため、他の魚介類にしてみれば格好の餌となってしまうでしょう。多くの子ダコは、他の魚介類に食べられてしまいます。

産まれた子ダコは海流に流されるまま移動し、新たな場所にて定住するようになります。先述したように多くの子ダコは他の魚介類に食べられてしまいますが、生き残った子ダコは海底で縄張りを作り、二年から三年程度で一気に成長し、立派な大人のタコになります。そしてその後、親のタコがしたように繁殖をし、また産卵して、それを見届けた後に寿命を向かえて眠りにつきます。

タコの産卵は、大体がこのようなサイクルになっています。多くの子ダコは捕食されてしまうものの、運よく生き残った子ダコが新たな子供を産み、種を繋いでいくというサイクルが、今現在も行われているのです。

明石焼きのタコについて


事務服 カーディガン
事務服のカーディガンなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

プロアクティブ お試し
プロアクティブのお試し。使い切っても60日間返金保証。初回特別3,900円(税抜)。

鳩よけ駆除撃退・カラス対策|総合鳥害対策の【害鳥・害獣110番】
http://mabu-den.com/