明石焼き.com TOP → 明石焼きのタコについて タコの種類

タコの種類

タコと一口で言っても、マダコ、ミズダコ、イイダコ、ワモンダコ、テナガダコ、ムラサキダコ、ウデブトダコなど色々な種類があります。日本海の近海で一番よくみられるタコは、岩場の近くの海底に生息していて、水深は40メートルくらいまでで確認されます。体長は大体ですが60cmくらいまで成長し、体重は3.5kg程度まで増え、寿命は約二年程度です。

明石にて人気のタコは、やはり最もオーソドックスなマダコでしょう。マダコは日本においても、タコといえばマダコ、といわれるほどですので、認知度も人気も相応に高いものです。基本的にはこのマダコが、食用として扱われることでしょう。もちろん、他の種類のタコでも食べられないことはないですが、最も美味しいのはマダコかもしれません。それだけに、マダコはオーソドックスとされています。

タコはマダコにせよ他の種類にせよ、意外と毒性の強い性質を持っています。もちろん、食べる上では調理の際に毒針を取り除くため安心ですが、しかし生きているタコに絡みつかれるなどすると、人間でも刺されてしまうことがあります。死に至らないまでも、しかしその激痛は長く続き、麻痺したようになってしまうことさえあり得ます。仮にタコが陸に打ち上げられていたとしても、素手で触るのはオススメしません。

タコの種類は非常に多いですが、その中でも食用として一般的なのはマダコです。明石焼きだけでなく、様々な料理の材料として使われ、また親しまれています。

明石焼きのタコについて


抗血小板剤
抗血小板剤なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

レーシック
レーシックなら吉野眼科にお任せください!