明石焼き.com TOP → 明石焼きと明石の街 明石市の歴史

明石市の歴史

明石市は神戸市と瀬戸内海に面していて、土地としても百万年前など大変古くから化石も発掘されたりしています。明石原人や明石象が有名です。現在は経度135度の街として子午線標識が設置されました。明石ではイカナゴの釘煮や明石鯛も有名ですが明石焼きも大変有名です。明石焼きに関してはファンの方も多く、やはり最も明石焼きと触れ続けてきた地元で食べたい、という方もいらっしゃるでしょう。

明石市においては飛行機産業が昔から盛んで、戦前から現代に至るまで飛行機メーカーの大手が存在します。明石海峡があることから、真蛸・真鯛・アナゴなども名産品として知られています。これらが明石焼きの具として使われることも多く、一般的なタコだけでなくアナゴなどを使うなど、明石焼きは多様な顔を見せてくれるでしょう。百六十年の歴史をもつ明石焼きも、明石市の歴史として外せません。

明石市において有名なのは、やはり明石城(喜春城、錦江城とも)ではないでしょうか。歴史という点から見ても、最も深くロマンを感じさせるものです。お城というのは壮観な造形をしていることもあり、いわゆるマニアの方々も非常に多く、明石市でも特に人気があります。地震などの影響によって修復が施されているため、さすがに建城した当初そのままというわけにはいきませんが、迫力は充分です。

明石城や明石焼きなど、明石の名を冠するものには、相応の歴史深さが感じられるようです。明石へご旅行の際は、是非とも体感してみたいものです。

明石焼きと明石の街


リーガ エスパニョーラ 動画
リーガ エスパニョーラの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン

社章の作成
で探すなら