明石焼き.com TOP → 明石焼きの基礎知識 明石焼きの形

明石焼きの形

たこ焼きは屋台などといった屋外で食されることが多く、中には色々な具材が入り、ソースやマヨネーズがつけられています。対して明石焼きはふわふわしていて、中にはタコしか入りません。そして、まな板のような木皿に乗って出されます。そして食べるときに、冷めただし汁につけて食べます。 お店によってはだし汁が熱い場合などバリエーションがあるのが魅力です。

タコを入れるという点では、明石焼きもたこ焼きも同じでしょう。しかしその食感は全く違っており、好みによってどちらのほうが好きであるかは、やはり変わってくるはずです。ふわふわな食感で他の食材を混ぜない純粋な具の味を楽しみたいのであれば「明石焼き」。ソースなどトッピングによって味付けを好みの通りに変えたいのであれば「たこ焼き」。しかしどちらも非常に美味しいもので、優劣は付けがたいものがあります。

また明石焼きの場合、具材をタコではなく、例えばアナゴなどに代替することも出来ます。たこ焼きも一応は中の具材を変えるという発想もあるのですが、あまり実行されません。そもそも具材を変えると、たこ焼きではなくなってしまいます。その点、明石焼きは中の具材にこだわりすぎることなく、臨機応変に変更することが出来るのです。とはいえ、最も一般的な具材は、やはりタコのようですが。

明石焼きはたこ焼きと違い、具材がシンプルですので、味も同様にシンプルとなっています。シンプルな味わいのほうがお好みであれば、明石焼きは美味しく頂けるでしょう。

明石焼きの基礎知識


ポスター印刷
ポスター印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

ティアモ
ティアモのカラコンが、セールでビックリ490円でカラコンが買える!