明石焼き.com TOP → 明石焼きの基礎知識 明石焼きの特徴

明石焼きの特徴

明石焼きは、たこ焼きの元祖と言われますが、それは見た目が似ているから言われているというだけです。実際の明石焼きは、大阪で有名なたこ焼きよりも生地がふわふわしていて、食感がかなり違います。その食感の違いは、たこ焼きでは使わない浮粉を使っていることが理由の一つにあります。そのため、明石焼は焼くのがとても難しく、熟練の技術が必要となるでしょう。

明石焼きの大きな特徴として、卵を基礎としたシンプルな味というのが挙げられます。そしてそのシンプルさの中に、タコなどといった一つの具材を投入することで、味を引き立てているのです。言ってみれば、卵焼きとタコ焼きの中間点にある食べ物といっても良いでしょう。何もつけず、明石焼きのみをそのまま食べるという場合であれば、これが最も近い印象かもしれません。

明石焼きは食べ方に多くのバリエーションがあり、そのまま食す以外にも、たとえばお吸い物に入れるなど出来ます。卵焼きやタコ焼きと差別化できる特徴というのは、もしかするとこれが一番大きいかもしれません。シンプルな味わいゆえに、お吸い物などと相性が良く、お汁がしみこむことで逆に美味しくなっていきます。明石焼きの食べ方としても人気があるでしょう。

明石焼きは、卵焼きにもタコ焼きにも出来ない食べ方を出来る特徴を持っています。味の特徴を挙げるとすれば、材料や具材がシンプルであることもあって、味わいも相応にシンプルとなっていることでしょう。

明石焼きの基礎知識


ティアモ カラコン
ティアモのカラコン通販サイト

静岡 解体
静岡で解体を依頼するならイーシーセンターで!